【ロシア軍レーション】世界の戦闘糧食を「実食」しよう! PART5

【アメリカ軍MREレーション】世界の戦闘糧食を「実験」しよう! PART1

2018.05.02

【イギリス軍24時間レーション】世界の戦闘糧食を「実食」しよう! PART2

2018.05.03

【フランス軍レーション】世界の戦闘糧食を「実食」しよう! PART3

2018.05.28

【イタリア軍レーション】世界の戦闘糧食を「実食」しよう! PART4

2018.10.10

世界の戦闘糧食を「実食」しよう!【ロシア軍編】

本レポートは、MOMCOMのEC担当部が、実際にその国の軍で食料として使われている、いわゆる「ミリ飯=戦闘糧食(レーション)」の感想をお届けするものです。

5回目はロシア軍の戦闘糧食です。

このサイトは、扱う商品の関係上「ロシア」や「ソ連」のキーワードでひっかかる場合が多いので始めに宣言しておきましょう。

ロシアレーション(Russian Ration)のレポートと考察に関して

この記事を超えるものは存在しません。

と風呂敷を広げすぎてしまったので、「レーションをただ食べてどうこう」ではなく、そこらで聞けない話を全部暴露しようと思います。

あなたは今、シベリアのとあるロシア兵です。

https://www.rbth.com/russian-kitchen/328238-wartime-cuisine-soviet-soldiers-eat-wwii より引用

極寒の戦闘訓練。外気はマイナス30度、手もかじかんで銃もろくにもてません。

見渡す限り雪景色。日も暮れはじめ、遠くには夕飯の支度をする煙がかすかに見える・・・

「ああ、早く家に帰って暖かいスープをすすりたい・・・」

脂ののった豚肉のペーストをパンに塗って食べたい・・・」

「砂糖がたっぷり入った、あつあつの紅茶をすすって体を温めたい・・・」

なんて妄想も悲しく、目の前には初めて食べるレーションしかありません。

不気味な緑の容器につつまれた飾り気のないこのレーション。食べても大丈夫なのだろうか・・・

ロシア軍レーションは、極寒の環境で食べると最高においしい。

一般的に料理がおいしくないといわれているロシアですが、

そんなことを言うやつはロシアのことを全く知りません。

知っているとしても、ネットスラングに汚染されてしまったステレオタイプ人間です。

ロシア軍レーションを食べたことのない人は結構いるのではないでしょうか。

こんな野生の本能を満たしてくれるレーションはないのに、その楽しさを知らずに

批判だけするなんて、ちょっともったいなくないですか?ぜひ一緒に楽しみましょう!

早速ロシア軍レーションを開封(OPEN)

ロシア軍の兵士たちはどのようなものを何を食べているのでしょうか?

ちょっとだけアップしてみる。ロシアグリーンって綺麗ですよね。

今回開封したのはIRP-Pというタイプ。

ИРП-П(ラテン文字転記:IRP-P)は、Индивидуальный Рацион Питания – Повседневный (インヂヴィデゥアーリニィ・らツィオーン・ピターニヤ – パフセドゥネーヴニィ)と表記され、「個人用糧食 – 日常用」という意味です。

ちなみにIRP-Bという戦闘タイプもあり、紙パックのジュースが入った航空機用、ウォッカが入った戦勝記念日用・・・など何でもありといった感じです。

今回試食したのは現在の紙箱に代わる前の

最も美しいロシア軍レーションです。

写真の通り、深緑色の容器に詰められ、フィルムで封がされたレーションです。

どこか宇宙食を連想させ、神秘的な雰囲気を醸し出しています。

マイナーチェンジを繰り返し、最近は外装が大きく変わったが、中身(食べ物)はそのまま。業者変更により内容物それぞれについていた赤い星もなくなってしまった・・・

パッケージには3食分(朝・昼・晩)=24時間分+おやつの食料が入っている。

あくまで一日分+αのカロリーを補給することを目的としており、他国軍のレーションの様に組み合わせが指定されているわけではありません。

というのも、ロシア連邦軍はロシア民族だけで構成されているわけではなく、アジア系民族やタタール系民族など食習慣が違う諸民族で構成されており、食べる量もタイミングも調整しやすい様に作られていると言えるでしょう。(もちろんスラブ民族=ロシア系、ウクライナ系、ベラルーシ系がロシア連邦軍多数派ですが、ロシア連邦軍を構成する兵士の出身民族は多様性に富んでいます)。

ちなみにスラヴ系の習慣としては、朝に多めに食べることが多いそうです。

ちなみにこのレーション、寒冷地を想定しているので、1パックで3,400kcalあります。

中身: 軍隊クラッカー(小さいパン)/牛肉の缶詰/豚肉と米のカーシャ/牛肉と大麦のカーシャ/豚肉のペースト/コンデンスミルク/ジャム2種/粉末コーヒー/砂糖入り紅茶/粉末ジュース/砂糖/マルチビタミン剤/カトラリー/ヒーター/固形燃料/ナプキン/缶切り/

朝食分の組み合わせ

朝食には、牛缶に軍隊クラッカー、りんごジャム、お茶、砂糖、マルチビタミン剤をチョイス

ロシア製の牛肉の缶詰は世界最高?!

寒い気候を意識するためか、やや脂っこさはあるものの、肉本来の味が口の中に広がり、日本ではまず手に入らない味わいです。

「焚火で焼いた肉にそのままかじりついているんじゃないか」思わせるような「THE・肉オンリー」のわがままな缶詰で、脳が喜んでいるのがわかります。

軍隊クラッカーと甘いリンゴジャムは朝食に最適な手軽さで、行軍中も楽しめること間違いなし。

食間に飲むお茶はもともと甘い上に、砂糖でさらに甘くするなんて!

しかし、この砂糖は本当にお湯に溶けない。。。

昼食分の組み合わせ

(道端のカーシャという名前の)牛肉、大麦のカーシャ、軍隊クラッカー、夏粉末ジュース(意味深な名前のジュースです)

カーシャ=お粥 と思ったら大間違い

каша(カーシャ)は、直訳では「お粥」ですがロシア軍レーションのお粥は

肉のリゾットといった感じです。

付属のヒーターで温めておこげをつくって食べるとこれがまたおいしくて、

延々と続くロシアのロードサイドすら想起させます。さすが「道端のカーシャ」とだけありますね。

https://fishki.net/213318-granicy-rossii-s-drugimi-stranami-32-foto.html より 地域によってはロシアは昼でもこのくらいの夕焼けがみえることがあります。

そして問題の「夏の」粉末ジュース。(名前が意味深すぎる)

合成だと明らかにわかるレモン味は、ジュースというよりもスポーツドリンクで、VAAMのような味わい。

そして朝食のお茶に入れる砂糖同様に、この粉末ジュース全然に水に溶けません。

お待ちかねの夕食

夕食には、豚肉と米のカーシャに軍隊クラッカー、豚肉のペースト、リンゴジャム、お茶、砂糖をチョイス

3食肉尽くしじゃないか!

しかしこれも、3,400kcalを得るには仕方のないことです。

今回初めて米料理が出てきましたが、もはや米も大麦も程度がわからないほどに煮込まれてしまっているので

実質食べているのはカサ増しされた肉です。

この豚肉と米のカーシャは脂は多いものの、豚肉本来の味をかみしめるごとに感じることができる、素朴ながらも大変満足感の高い一品に仕上がっています。

豚肉のペーストは味が濃厚で、程よい塩味はお酒のおつまみにもぴったりでしょう。

評価:星4

ロシア軍24時間用戦闘糧食(レーション) 星4 ★★★★

肉・肉・肉のワイルドさは世界一。

機能性よりロマンを追求するロシア軍レーション。(ex溶けない砂糖やジュース)

あえて「ちょっと残念だな」と思う点(2つ)を挙げる

  • 肉 肉 肉の構成は、連続して食べるとなるとちょっと飽きてしまう。
  • 砂糖とジュースは半分以上が水に全く溶けない。

そもそも何食もレーションを連続して食べるのか・・・?

安食堂の例 ソバの実を中心としたメニュー

ロシア料理はスープとパンを中心とした素朴な料理が多いのですが、

ロシア軍レーションはカロリーを摂取することが思想に強く表れているため、「ロシア軍料理」

といったほうが正しいかもしれません。

「何食もロシア軍レーションを連続で食べることになったら飽きてしまうのでは?」という問いをYuriさん経由で軍人の方に聞いたところ、

ロシア軍兵士
レーションを正直にそのまま食べることはあまりない。普段はキオスク(コンビニみたいなもの)で好きな食べ物を買ってそれを食べることが多く、戦場でも連続して食べることはあまりない。

あ、でもレーションの肉は酒のつまみとして消費することは多いかもしれない。兵舎は酒類の持ち込みは禁止されているが、銃を整備するオイル缶に度数の高い酒(ウォッカ以上の度数)を入れてこっそり持ち込み、レーションの肉はをつまみに一杯やることはけっこうある。

兵舎の管理人を(ウォッカなどで)買収することもあるが、これはレアケースだ。

とのことで、何食も連続してレーションを食べるケースはあまりないそうです。

【閲覧注意】あなたも一口だけ食べたくなる!? ロシア軍の「食」事情に迫る

2018.03.14

まとめ:ワイルドさを味わおう

今まで機能性にあふれる米軍MREや、オシャレなフランス軍レーション、堅実なドイツ軍レーションを味わった経験があるかと思いますが、

そんなあなたに、ロシア軍レーションをおすすめします。

レーションそのもののワイルドさをもう一度味わってください!

番外編:ロシア軍レーションのカロリーを目で見てみよう

ロシア軍兵士
昔、太ったコンバットエンジニアの奴がレーションのカロリーのことを気にしてて、「ほら!ロウソクになるくらいやばいんだぜ!」って言ってたのを思い出したよ。

・・・本当にロウソクの様になるのか試してみました。

以下衝撃の結果。

牛缶を温める前に取り出した脂がこちら。(すごい量!)

直接マッチの火を近づけただけでは燃えない。(なんかキャベツの葉の上に脂が乗っている様に見えますが、付属する緑色のナプキンペーパーの上に脂を乗せただけです。)

ロウソクにしてみましょう。

集めた脂肪分を小皿に入れ、電子レンジで加熱。タコ紐を入れて冷蔵庫で冷まして火をつけてみると

火がついたぞ!

ロシア軍レーションを再利用した簡易ロウソク

が作れます。

30分程燃え続けました。目に見えるカロリー消費ですね。

誰か詳しい人、燃焼カロリーを計算して頂けると幸いです。

ロシア人とウォッカの間に結ばれた強すぎる絆の話が泣ける

2018.04.22

【アメリカ軍MREレーション】世界の戦闘糧食を「実験」しよう! PART1

2018.05.02

【イギリス軍24時間レーション】世界の戦闘糧食を「実食」しよう! PART2

2018.05.03

【フランス軍レーション】世界の戦闘糧食を「実食」しよう! PART3

2018.05.28

【イタリア軍レーション】世界の戦闘糧食を「実食」しよう! PART4

2018.10.10


MOMCOMの8周年特別企画


ロシア軍戦闘服VKBOデジタルフローラ_MOMCOM特価
ロシア軍、高品質デジタルフローラ迷彩服(サバゲー戦闘服)上下セットを日本中に広めます。

第一弾は大好評を頂き、2018年10月に約300名の方々にお届けすることができました。(以下はお客様の声第一号です!)

“本日 VKBO戦闘服が届きました、
とても素晴らしい物でした!
本当にありがとうございます!!
今後も利用させていただけたらと思いますので、よろしくお願いします♪” 

今回はその第二期です。

本商品の類似品は相場価格は1万円ですので【初心者さん・経験者さん】にも大変おトクな値段となっております。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください