【5分でわかる】Zapad-2017 ロシア軍とベラルーシ軍の合同軍事演習

Zapad-2017とは

下記の内容で行われた、軍事演習のことです。
期間:2017年9月14日~20日
参加国:ロシア軍 / ベラルーシ軍
演習場所:ミンスク(ベラルーシ)、カリーニングラード(ロシア)、ロシア北部

参加人数は7万人?

公表値は13,000人だが、各国軍事アナリストは兵士以外の「民間として」合計6-7万人が参加したと見ている。
また、戦車250台、戦闘車200台、迫撃砲50門等の地上兵器680ユニット以上、ヘリコプターと飛行機70機、バルチック海軍艦隊10隻が演習に参加した。

この動画だけみておこう

 
ユーリ(Yuri)
装備が限りなく新品に近く、明らかなプロパガンダ用だ。若い兵士がセイフティをかけるシーンをわざと見せて、規律の高さもアピールしている。

目的は?ロシア軍は「テロ対策」としているが・・・

「一般的な見解」

軍隊の即応性をNATOに誇示し、威嚇する目的。

「真の狙い」

ウクライナを北から侵攻する準備を整えたかった。

ロシア軍は演習終了後に部隊の一部をベラルーシに残した、と一部報道されています。


MOMCOMの8周年特別企画~お客様還元キャンペーン〜


ロシア軍、高品質デジタルフローラ迷彩服(サバゲー戦闘服)上下セットを日本中に広めます。

【初心者さん・経験者さん】にもMOMCOMは業界の新常識を作ったと認めて頂くために、まずは原価割れのチャレンジ価格(7,000円→3,980円)です。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

【略歴】貿易会社、情報機関で長く働いていました。
【興味関心】テクノロジー/金融/軍事/宗教心理学/マーケティングです。
【運用言語】多言語対応(メインは日・英・露+αで数ヶ国語)
【ひとこと】現在は本業の他にMOMCOMのアドバイザリーを兼任しています。