【ロシア特殊部隊の女性兵士の一言】装備は赤ん坊より重いんですよ!

スポンサーリンク

軍隊には男しかいない

というのは、完全なステレオタイプです。

NHKでやっている第二次世界大戦の記録フィルムでは、確かに女性の姿は見えません。

あなた
自衛隊にも女性はいるし、後方支援部隊に多いんじゃない

国内唯一の空挺部隊である第1空挺団。「最強」と名高い彼らが使用する落下傘の補給・整備を行うプロの集団が、千葉県松戸市にある松戸駐屯地の関東補給処松戸支処落下傘部だ。落下傘の補給・整備を行う自衛隊唯一の機関で、年間約8000個(うち人体用が約7000個、物料用が約1000個)の落下傘が持ち込まれるという。所属の71人中28人が女性自衛隊員で、女性の割合が高いのも特色だ。

産経ニュースで取り上げられた内容を引用しましたが、

たしかに戦闘職種に女性はあまりいないイメージでしょう。

「女性兵士がどんなに厳しい訓練をしているか?」ご存知ですか?

ロシア軍の特殊部隊の女性

ユーリ(Yuri)
装備がけっこうバラバラですが、こういった寛容性がロシア軍の特徴です。

彼女らは空挺部隊予備訓練に参加しており、

本日はパラシュート降下予備訓練に参加します。

アルグメンティ・イ・ファクティ紙(ロシアの有名な通信社)のある女性兵士に対するインタビューが印象に残りました。

 

記者のインタビュー

 

記者
エレナさん、あなたは戦闘技術をよく習得されていると思いますが、射撃はもちろん「ヴャブラチカ」(100点満点)ですよね?
エレナさん
私の射撃は「ハラショー(good)」ですよ。パラシュートジャンプの訓練にいたっては、すでに43回も行ってます。

 

ユーリ(Yuri)

※ちなみにロシア語で「ハラショー(good)」は「アトリーチナ(ヴャブラチカに相当)=ほぼ満点」には劣るものの、かなりの良い成績ですね。

そしてパラシュート降下訓練を43回もこなした兵士は、そうはいません。(エレーナさんは相当のベテラン兵士と言うことです。)

射撃だけでなく、あらゆる場面で高い能力が男女関係なく求められていることがわかります。

記者
エレナさん、パラシュートジャンプは怖くないのですか?
エレナさん
ええ、まあ少なくとも最初の一回目は怖いですが、慣れるとそうでもないです笑
エレナさん
私にとって一番大切なのは、もちろん家族です。しかし、軍でのキャリアでは、中佐にまで昇格したいと考えています。

既に15年ロシア軍に従事し、隊を指揮する立場となった彼女ですが・・・

エレナさん
軍隊にとって私たち女性は必要です。軍隊の厳しい生活を乗り切るためには、女性的な資質が求められているのです。

と、女性の必要性も同時に感じているようです。

ユーリ(Yuri)
「家庭を重要視すべき」というセリフを男性ではなく女性がいうと刺さりますね。つまり、ロシア軍の中でも仕事と家庭のバランスを取る大切が意識されてきている。と言うことでしょうか。
記者
ところでエレナさん、その装備が詰まったリュックですが、重くないんですか?
エレナさん
もちろん重いです!赤ちゃんよりも全然重いんですよ!

バッグの中には、

  • 防具一式
  • 個人の私物(当然化粧セットも含まれる)
  • OZK(全戦闘に対応したガスマスクや防護衣などのセット)
  • カップやスプーンなどのカテラリー

が入っており、10kg程度になります。

まとめ:ロシア軍の女性兵士

  • 女性兵士は珍しい存在ではない
  • 求められる能力は男性と同じ
  • キャリアと人生の両立が軍隊でも達成できる

【画像多数】ロシア軍が選んだ「最も美しい女性」はこちら!

2018.03.19

MOMCOMの8周年特別企画~お客様還元キャンペーン〜


ロシア軍、高品質デジタルフローラ迷彩服(サバゲー戦闘服)上下セットを日本中に広めます。

【初心者さん・経験者さん】にもMOMCOMは業界の新常識を作ったと認めて頂くために、まずは原価割れのチャレンジ価格(7,000円→3,980円)です。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

【略歴】貿易会社、情報機関で長く働いていました。
【興味関心】テクノロジー/金融/軍事/宗教心理学/マーケティングです。
【運用言語】多言語対応(メインは日・英・露+αで数ヶ国語)
【ひとこと】現在は本業の他にMOMCOMのアドバイザリーを兼任しています。