【リターン500倍】仮想通貨より低リスクな「珍通貨マニア」の世界

※この記事は、「仮想通貨」関連の内容というよりも、”世界の珍しい硬貨・紙幣収集マニア”の私が、気づいたら持っていた古いお金が市場価格で仕入れ値の500倍を記録していた というお話です。

引き出しにしまっているその海外貨幣、お宝かもしれないですよ。

ユーリ(Yuri)
こんにちは、世界の珍しい紙幣・硬貨を取り扱っているサイトのアドバイザーを努めているYuri(ユーリ)です。

あなたは海外旅行で余った小額紙幣や小銭を机にしまっています。

でも普段使う日本円は1円たりともコレクションしたりしないですよね?

お金は使われるだけでなく、自らこちらに語り掛けてきます。その美しさ、生まれた背景、そして時に、

額面以上の価値があるということでさえも。

お金(=紙幣・硬貨)マニアの私が選ぶ世界の珍しいお金TOP5

木でできたお金

第一次世界大戦終了後、敗戦国だったドイツは

純金47,257トン(東京タワー12本分)という莫大な賠償金の支払いに追われ、

紙ですら貴重に扱われていました。

そこで、木の板に印刷された紙幣が登場しました。これは「ノートゲルト」といい、

  • 法定通貨ではなく、あくまで通貨の代用品
  • それぞれのコミュニティでそれぞれのノートゲルトが存在した。
  • 革、絹、リネン、切手、アルミホイル、石炭など材質は問わない

という特徴がありました。

ユーリ(Yuri)
コミュニティごとに通貨が発行できるなんて、まるで仮想通貨のご先祖様のようですね。

聖水が入ったコイン

これはパラオのコインで、銀でできています。フランスのルルドの聖水が封入されています。

1858年に、ルルドで聖母マリアが現れた(真意は定かではない)事件の日から150周年記念として発行されました。

これは1ドルとして使えますが、コレクターの間では10,000円前後で取引されています。

ユーリ(Yuri)
キリスト教を信じる人たちがお守りとして持っておきたい、という需要が強く、今後も

穴が開いた紙幣

旧ザイール(現在のコンゴ民主共和国)で、当時の大統領で独裁者であるモブツの政権が転覆しました。新政権は、モブツの記憶を消し去るように紙幣から彼の顔を切り抜きました。

モンゴルの衝撃的なコイン

 

モンゴルのコインは、なんと喋ります!

2007年に、なぜかアメリカの大統領、ジョン・F・ケネディを記念したコインモンゴル政府が発行しました。

しかも、「私はベルリン人だ」というスピーチが録音されている、という全く意味不明なコインです。

額面は500トゥグルグ(22円)ですが、市場に出回っていないようなので、かなりの価値を秘めているでしょう。

ユーリ(Yuri)
ケネディが創設した「平和部隊」(日本の青年海外協力隊のようなもの)の支援を受けたモンゴル政府が感謝の意を込めて作成した、という風のウワサがあります。

暗闇で透けるコイン

1972年にカナダのアルバータ州で発見されたパキリノサウルスがモチーフとなっています。

カナダには、なんと暗闇で透けるコインがあります。

・・・とはいえ、コイン自体が透けるのではなく、恐竜がX線にかけられたように写る(上の画像)のですが・・・

このコインの価値は0.25カナダドル(日本円で20円)ですが、やはりコレクターの間では15,000円程度で取引されています。

ユーリ(Yuri)
通貨は額縁以上の価値が生まれます。崩壊寸前の国の紙幣が一番ねらい目で、近年だと1兆ジンバブエドルが1,500円→15,000円に高騰していました。1兆という額面の高さに、金運上昇のお守りとしての価値を見出しているようです。

まとめ:お金の価値とは?

  • お金には、額面(書いてある通り)の価値だけしかないとは限らない。
  • 珍しいコインや紙幣、崩壊しそうな危ない国の紙幣は後々に値段が急騰する可能性が極めて高い。(コレクション目的で値段が上がる)
  • 国が崩壊しない限り額面価格は保障されるので、リスクは極めて少ない。
  • みんなが持っているものの価値は低いが、誰も持っていない物の価値はとても高い。
ユーリ(Yuri)
仮想通貨が投資対象としてはやっていますが、実は堅実に儲ける方法なんかいくらでもあるってことです。

おまけ:オススメ動画「30分でわかる経済の仕組み」

最後に、私がよく経済関連の質問をされたときに見ることオススメしている30分でわかる経済の仕組みの動画をおまけで貼っておきます。

特にあなたがお子さんを持つ親御さんならば、お子さんにはいきなり経済学の小難しいテキストを読ませるより、こうした役に立つビデオを見て感覚的にセンスを養わせるのが、好奇心旺盛な子供に育つので効果的です!

3ヶ月で750万円損した 老人の話を聞いて思った「人生上手くいくタイプ」の特徴

2018.03.17

MOMCOMの8周年特別企画~お客様還元キャンペーン〜


ロシア軍、高品質デジタルフローラ迷彩服(サバゲー戦闘服)上下セットを日本中に広めます。

【初心者さん・経験者さん】にもMOMCOMは業界の新常識を作ったと認めて頂くために、まずは原価割れのチャレンジ価格(7,000円→3,980円)です。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

【略歴】貿易会社、情報機関で長く働いていました。
【興味関心】テクノロジー/金融/軍事/宗教心理学/マーケティングです。
【運用言語】多言語対応(メインは日・英・露+αで数ヶ国語)
【ひとこと】現在は本業の他にMOMCOMのアドバイザリーを兼任しています。