【動画】ロシア語のスラング。モスクワで実際に本音インタビューしてみた!

ロシア語のスラング うざい 

どうも、MOMCOMのユーリです。

お送りした【無料公開版】ロシア美女に教わる現代軍事ロシア語はお楽しみいただいていますか?

以前ご紹介した通り、本教材はここ数年の間、特定の企業様や官公庁のロシア語学習者の方に

実際に提供しているコンテンツです。

ディープなご質問が思ったより来る(笑)

実は今回、動画版の現代軍事ロシア語をお届けした方から複数特定のジャンルに関する質問を頂きました。

(※ロシア軍装備ファンのみならず、実際にロシアに駐在されている方もいてビックリ!)

そして実は、こういう質問が来ることを予想していました。

なぜなら、対面で教えているクライアントから、良くもらう質問No.1がこれだからです。

それは・・・スラング(俗語)に関する質問です。

スラング(slang)=改まった場面で用いられない品のない言葉。広く知られている言葉も含む。(日本語だとヤバいwwとかはスラングに相当しますね)

Q.「ロシア人にとっては、日本人がマネしてるのってどうなの?」

Q.「映画ではもっと汚いスラングが出てくるんだけどそれはないのか?」

Q.「もっと他に世の中に出せないコンテンツはないの?」

こういう日常会話で使うディープな言葉遣いについて興味を持っている方が驚くほど多いんです。

裏を返せば、実際に、現地の人間と話す時にスラングをどの程度使って話せばよいか迷っている人が多いという事でしょう。

もちろん私も、スラングの話題大好きなので、良く話題にしますし、新しい言葉や文化を知るのが好きです。

2021年9月11日にモスクワ・クレムリンの隣の公園で実際にロシア人にインタビューしてみた

というわけで(もう上で動画を一部貼ってしまいましたが)

現地の人たちは、このスラングについてどう思っているのか?! を知るために実際にモスクワでインタビューしてきました。

※場所はモスクワ・クレムリンの隣の公園(Zaryadye Park・Парк Зарядье)です。日本の日比谷公園みたいなもんですね。

現地人「むしろ理解をしてくれるっていうのはうれしい」という意見を持つ人が多かった。

上の動画の通り、「むしろ理解をしてくれるっていうのはうれしい」という意見を持つ人が多かったです。

そもそも軍事用語はディープなスラングですが、これを知っているだけでかなり親密になれます。(もちろんどの国でも、文化理解・礼儀・距離感は気を付けないといけませんが)

ユーリ先生。もっとディープで汚いスラングも知りたいですがどうすれば良いですか?

よい質問ですね。

この質問は一見結構マニアックな気がしますが、とても重要なポイントです。

実際に戦場でも街中でも非常に汚い言葉どこかしこで叫ばれていますし、ロシア兵、酷いくらいにスラングを使ってます。

もっとリアルなロシア兵に近づく?

「日本語発音で対応する【無料公開版】ロシア美女に教わる現代軍事ロシア語」は比較的綺麗なフレーズしかないのですが、確かにもっとロシア兵に近づくためには、汚いスラングが必須です。

正直に告白すると、そのもっとディープで汚いスラングについて教えている動画コンテンツもこっそり提供しています。

それも見たい人っているんでしょうかね。

さすがにディープすぎるので、興味がある人がどのくらいいるのか細かい予測が立ちません。(多分、こっそり見たい人はいるんだろうと思うけど)

もし需要があれば教えてください!

その反応を見て、世に出すかどうか決めようと思います。(クローズドでクライアント限定で共有しているコンテンツなのでご理解ください)

P.S 今回のインタビュー動画、Youtubeで公開しました!

コメントもちろんwelcomeです! 見てね~。

【●りたい】ロシア語のスラングで親密になれる?!しらないとヤバい理由!実際にモスクワでインタビューしてみた結果w

おまけ:本日の【迷彩美女図鑑】

一時期、異常なアクセス数のためサーバーがパンクしかけた伝説のコンテンツ。

「戦う女性は美しい」のコンセプトのもと、毎回3~4枚の美人兵士の画像を掲載します。

 

スライドショーには JavaScript が必要です。

「どこの軍か、装備は何か」など分かったらリンク先のコメントまたはメールにて教えてください。

(情報を正そうと思います。)

コメント待ってます

わたしユーリは、あなたの「好き!」を加速させる事に貢献できるような情報を発信しています。

気づいた点、あなたなりに感じたことをコメントしていただければ嬉しいです。

インプットした情報は、アウトプットをすることによって、情報の吸収効率が上がり得た知識が経験となり結果に繋がります。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました