【それ、根拠あります?】数値で見るロシア軍とウクライナ軍の差

ウクライナ軍

http://thekievtimes.ua/politics/343690-kto-i-kak-predal-ukrainskix-voennyx-v-krymu.html より

はドネツクやルガンスクで親露派と戦闘を行っています。

親露派・・・東ウクライナ在住のロシア支持派もしくはロシア兵

ネットニュースのコメント欄では、

ネットニュース民
ウクライナ軍に勝ち目なんかないじゃん!全然ロシア軍の方が強いんだから

など、根拠が不明瞭で、ただただ想像で言ってるだけのコメントを見かけたことはありませんか?

たしかに、ウクライナとロシアではあまりに差がある・・・とはなんとなくでは理解できますが、

実際はどのくらいのものなのでしょうか?

ロシア軍とウクライナ軍の差

を一目で理解して、

実際どのくらいの戦力差があるのかを数字で理解しましょう!

兵士の数

http://rusvesna.su/news/1512070095

ロシアはウクライナの3.2倍の人口を抱えていますが、

ロシアはウクライナの5.5倍の兵力を持っています。

ユーリ(Yuri)
ウクライナでは1,000人のうち3人が軍人ですが、ロシアでは1,000人のうち5人が軍人、という計算になります。

戦車の数

https://telegraf.com.ua/ukraina/obshhestvo/3097883-v-ukraine-zapatentovali-novyiy-tank-tireks.html

はロシア軍の方が多く、ウクライナの4倍近くの車両を保有しています。

ユーリ(Yuri)
ロシア軍は戦車1台に兵士270人、ウクライナ軍は戦車1台に対し兵士189人となるので、ウクライナ軍の方がより戦車に頼った戦い方をしている、と判断できます。

核兵器

に関しては、そもそもウクライナが核兵器を保有していないので、比較対象はできません。

ソ連崩壊後、ウクライナには大陸間弾道ミサイル(ICBM)176 基分に相当する 1240 発の核弾頭が残されていたため、ウクライナは自動的にアメリカ、ロシアに次ぐ世界第3位の核大国となったが、1996年には核兵器のロシアへの輸送が完了し、非核化が達成された。
ユーリ(Yuri)
ウクライナは、チェルノブイリ原発事故で放射能被害へのトラウマがあり、非核化の道を選んだのは有名な話ですね。しかし、ロシアの核弾頭の多さにはびっくりしますね。

軍事費

http://baltalife.org/2015/12/02/ukraina-potratit-na-armiyu-ne-menee-100-ml/

この点はウクライナは完敗です。ロシアはウクライナの48倍という、潤沢な予算を軍事費に充てています。

ユーリ(Yuri)
これには研究開発費がかなり含まれているので、装備だけで測れない国力の差がモロに出る部分でしょう。また、核兵器のメンテナンスに多大な費用が生じているのも事実で、世論的に使えない武器がロシア国家の家計を大いに圧迫しているのです。

【戦争経済】ロシアはウクライナでの戦争に年〇兆円も費やしていた!?

2018.04.11

まとめ:数値で見るロシアVSウクライナ

  • 数値で比較すると、ロシア軍とウクライナ軍の差がよく理解できる。
  • 特に軍事費は48倍の差があり、基礎研究のレベルでもウクライナとは差が広がっている。
  • 一方で、ロシア軍は核兵器のメンテナンス代にも莫大な資金を費やしており、コストパフォーマンスの点ではどちらが優れているかは一概には言えない。
ユーリ(Yuri)
そして、米軍がウクライナ軍を支援していることをお忘れなきよう。

【みんな大好きお金の話】なぜウクライナ兵士の装備で『銃』が無料(0円)なのか?

2018.03.11

 

 


MOMCOMの8周年特別企画


ロシア軍戦闘服VKBOデジタルフローラ_MOMCOM特価
ロシア軍、高品質デジタルフローラ迷彩服(サバゲー戦闘服)上下セットを日本中に広めます。

第一弾は大好評を頂き、2018年10月に約300名の方々にお届けすることができました。(以下はお客様の声第一号です!)

“本日 VKBO戦闘服が届きました、
とても素晴らしい物でした!
本当にありがとうございます!!
今後も利用させていただけたらと思いますので、よろしくお願いします♪” 

今回はその第二期です。

本商品の類似品は相場価格は1万円ですので【初心者さん・経験者さん】にも大変おトクな値段となっております。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

【略歴】貿易会社、情報機関で長く働いていました。
【興味関心】テクノロジー/金融/軍事/宗教心理学/マーケティングです。
【運用言語】多言語対応(メインは日・英・露+αで数ヶ国語)
【ひとこと】現在は本業の他にMOMCOMのアドバイザリーを兼任しています。