【雲を爆撃というパワーワード】天気をコントロールする技術とは?

【学ぶ・知る】

天気予報って当たりますか?

天気予報が当たるかどうかなんて質問はナンセンスですよね。

[voice icon=”https://momcom.site/wp-content/uploads/2018/03/451301213.jpg” name=”天気予報士” type=”r”]天気予報は過去のデータを参考にすると、この雲の動きなら天気は~[/voice]

と統計的に予想をしているものなので、外れることは当然あります。

かつては気象を予想する技術は「神業」とされ、邪馬台国の卑弥呼は

天気予報が上手だったために女王にまで上り詰めました。(諸説あります)

[voice icon=”https://momcom.site/wp-content/uploads/2018/02/tunnel3.jpeg” name=”ユーリ(Yuri)” type=”r fb”]ニュースを見て、天気予報を元に予定を立てることが多いかと思いますが、正直天気がこっちの予定に合わせてほしいですよね。[/voice]

絶対に外せない日

  • 大切なゲームの日だったり
  • 親しい人とのバーベキューだったり
  • 国家的な行事だったり・・・

天気だけはどうしようもない、とあきらめていませんか?

そんなことはありません。天気は100%コントロール可能です。

5月9日

5月9日は何の日?とロシア人に聞いてみてください。

[voice icon=”https://momcom.site/wp-content/uploads/2018/05/IMG_4024s1.jpg” name=”通りすがりのロシア兵” type=”l”]戦勝記念日に決まってるだろ![/voice]

と、「戦勝記念日」と100%言い当ててくるでしょう。

どうしましょう、戦勝記念日、予報では雨です・・・

[voice icon=”https://momcom.site/wp-content/uploads/2018/05/putin1.jpg” name=”とある大統領” type=”r”]Это не допускается. (エータ ニェ ダプスカーエッツァ=それは許されない)[/voice]

[aside type=”normal”]戦勝記念日とは・・・毎年5月9日にロシアで行われる、第二次世界大戦でドイツ軍に勝利したことを記念する一大行事。ロシアでは大規模な軍事パレードが毎年行われている。[/aside]

[kanren postid=”2278″]

ロシア軍が天候をコントロールしている

ロシアでは、2000年初頭から、特殊な薬剤を空中に散布して

パレードの前に雨雲を吹き払うのが恒例行事となっています。

この技術は、非公式に「雲の銃殺」と呼ばれており、

雲の種類に応じて

  • 顆粒上の炭酸ガス
  • 液体窒素
  • セメントの粉末

をベースにした混合物が用いられます。

これを散布すると、湿気がその周りに集中するので、周囲に飛来する雲が乾燥した状態となります。

強力な雨雲は、ヨウ化銀で「爆撃」することで対処します。

爆撃にはAn-26、An-12、Yak-42の航空機が使用されるとのこと。

雲を爆撃しに行く

これ、環境には影響ないんでしょうか?という通信社の質問に対し、ロシア気象庁の長官はこう答えています。

[voice icon=”https://momcom.site/wp-content/uploads/2018/05/IMG_4024s1.jpg” name=”ロマン・ヴィルフィンド気象庁長官” type=”l”]気象コントロール用の薬剤は、環境に何の影響も与えない。極めて局地的に使用されるので、大気の循環全体、雲と前線の形成、推移などには全く影響しない。[/voice]

もちろん、いまだにロシアの専門家の中でも意見が分かれているようですが・・・

このほかにも、レーザー照射で雲を撃退する方法がありますが、ロシアではなく中国で用いられています。

5月9日の天気予報

これはウラジオストクのパレードですが、同じく晴天です。

もう皆さんは、モスクワの5月9日の天気が、予報いらずで分かるようになりました。

間違いなく「晴天」です。

[voice icon=”https://momcom.site/wp-content/uploads/2018/02/tunnel3.jpeg” name=”ユーリ(Yuri)” type=”r fb”]ちなみに、晴れにするために3億ルーブル(6億円ほど)の予算をモスクワは計上しているとのこと。プライドですね。[/voice]

まとめ:天気をコントロール

  • 「雲を爆撃」することで、50~150kmの範囲を晴れにできる。
  • 環境への影響はいまだに未知数。
  • 5月9日のモスクワの天気は「快晴」

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました