スポンサーリンク

スローガンの効果

誰もが運動会でスローガンを目にしたことがあると思います。

しかし、そのスローガン、そもそも何のためにあるかご存知ですか?

じつは、あれは自分たちを鼓舞するためにあるんじゃないんです。

スローガン(英: slogan)とは、企業や団体の理念や、運動の目的を、簡潔に言い表した覚えやすい句・標語・モットーのこと。理念や目的には、政治的なもの、宗教的なもの、商業的なものが含まれ、政治家が自らの政策をアピールするときに用いる簡明な文もスローガンと呼ばれることが多い。商業上のスローガン(Advertising slogan)は普通、日本では「キャッチコピー」と呼ばれる。(ウィキペディア)

ユーリ(Yuri)
運動会のスローガンで覚えているのは、「正々堂々」とか「勝利」とか自分たちに向けたものが多かった気がしませんか?本来は外の人たちに自分たちの目的をアピールするためなんですよ!

この記事では、まず手始めにロシア連邦軍のスローガンの一部をご紹介します。

ロシア連邦軍のスローガンとその意味

「それは私たちじゃない」 – ロシア軍  (これはジョーク画像)

今回はロシア連邦軍のスローガンをご紹介します。ぜひサバゲーや、何か

役に立ちそうなことに応用してください!

ロシア地上軍防空軍のスローガン

“Сами не летаем и другим не даем!” 「飛ばず、誰にも(制空権を)与えない」

これは非公式のスローガンですが、その意義を十分に表しています。

ウクライナ内戦でマレーシア航空機が撃墜されたことは記憶に新しいですが、

その飛行機を撃ち落とした<ブク(樫の木)>と呼ばれる

対空ミサイルを装備しているのがこの部隊です。

ロシア空てい軍のスローガン

“Никто кроме нас” 「我らのほかに誰がいる」

ニクトー・クローメ・ナス と読みますが、これはかなり有名かもしれません。

我々がやらずに誰がやるというのだ、とハンパない強い意志を感じさせますね。

割と言いやすいフレーズなので、チームで円陣を組んで言うと盛り上がるはず。

【一発全問正解で神】ロシア軍に関するマニアックなテスト

2018.05.15

ロシア海軍歩兵のスローガン

“Там где мы, там победа” 「我らがいるところに勝利あり」

これも好きなスローガンの一つです。運動会で覚えておきたいフレーズです。

ロシア海軍歩兵は、帝政ロシア時代からの歴史を持つ誇り高い軍隊で、ロシアのおばあちゃんに言わせれば、

おばあちゃん
陸軍よりも海軍歩兵よ。陸軍なんかいっちゃダメ

だそうです(実話) 理由としては、

おばあちゃん
あのピョートル大帝が指揮したのよ!

など、意味不明な発言を・・というのは置いといて、今の強いロシアの基礎を築いたピョートルI世が力を入れた(構造改革をした)

軍隊組織だからだそう。歴史があるのです。

ロシア海軍のスローガン

“С нами Бог и Андреевский флаг” 「神と聖アンドレイ旗は我らとともにあり」

聖アンドレイって誰だ!?って聞かれたときに、答えられたらいいですよね。

こっそりその由来を調べてみました。

アンドレイ(アンドレ)は、キリストの最初の弟子とされる。アンドレイは漁師であり、船の守護神と考えられている。ロシアで守護聖人といった扱いをされているのは、アンドレイが将来ロシアとなる大地を始めて訪れた人物、という伝説が残されているためである。

また、聖アンドレイ勲章という、ロシアの最高勲章が存在します。最近だと、プーチン大統領が習近平国家主席に友好のしるしとして授与しました。

まとめ:スローガン

  • スローガンは、自分たちのグループの目的をわかりやすくするキャッチフレーズである。
  • スローガンには、その国の歴史と紐づいたものもある。
  • その勇ましさは、ゲーム前の掛け声にもぴったり。

【ゲームの掛け声に最適】ロシア連邦軍のスローガンと解説 PART2

2018.05.23

MOMCOMの8周年特別企画


ロシア軍戦闘服VKBOデジタルフローラ_MOMCOM特価
ロシア軍、高品質デジタルフローラ迷彩服(サバゲー戦闘服)上下セットを日本中に広めます。

第一弾は大好評を頂き、2018年10月に約300名の方々にお届けすることができました。(以下はお客様の声第一号です!)

“本日 VKBO戦闘服が届きました、
とても素晴らしい物でした!
本当にありがとうございます!!
今後も利用させていただけたらと思いますので、よろしくお願いします♪” 

今回はその第二期です。

本商品の類似品は相場価格は1万円ですので【初心者さん・経験者さん】にも大変おトクな値段となっております。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

【略歴】貿易会社、情報機関で長く働いていました。
【興味関心】テクノロジー/金融/軍事/宗教心理学/マーケティングです。
【運用言語】多言語対応(メインは日・英・露+αで数ヶ国語)
【ひとこと】現在は本業の他にMOMCOMのアドバイザリーを兼任しています。