【犯罪組織のつぶし方】ロシア連邦保安庁(FSB=元KGB)~麻薬取締・テロ防止編~

スポンサーリンク

ロシア連邦保安庁(FSB)という機関

ロシア連邦保安庁(FSB)という、ロシアの治安維持と諜報活動を行う機関をご存知ですか?

かつてはKGBと呼ばれ、権威の象徴として恐れられていました。

 

ユーリ(Yuri)

ちなみに、現プーチンロシア大統領もKGBの出身ですよね。

http://www.dag.aif.ru/incidents/specnaz_fsb_v_dagestane_neytralizoval_glavarya_gunibskoy_bandgruppy

 

 

麻薬組織をとっちめろ!

EUから麻薬が運び込まれたそうです。

既に裏を取ってある建物に堂々と正面から攻め込み

とりあえず床に容疑者をたたきつけます。

部屋中を捜索して証拠物を発見。

ユーリ(Yuri)
車の中に麻薬が隠されています。前回の記事でも隠し場所について取り扱いました・・・

【え?そこに隠すの?】世界各国の密輸事情に迫る

2018.03.15

今回の麻薬オペレーションでは

  • 200キログラムの様々な麻薬
  • 銃火器
  • 現金
  • 自動車6台

を押収しました。

ユーリ(Yuri)
現金っていけない取引にすごい有利なんです。電子通貨だと足がつきますし、仮想通貨でも匿名性が担保された通貨でや、ダークウェブでの取引でなければ簡単に記録が残ってしまいます。日本は現金社会なので脱税が起こりやすく、専門家もその点を多く指摘しています。

危険因子を排除せよ!

国家の転覆を狙う危険因子をFSBは逃しません。

アパートに突入し、犯行計画が書かれた書類を多数押収しました。

犯人は逃しません。

飛行機での移動も容赦しません。とことん容疑者を叩きのめしていきます。

ユーリ(Yuri)
なんか黒づくめ過ぎて、日本ガイシのCMみたいですね?・・・というのは置いといて、見た目で威嚇するという心理的な作戦でもあるのです。

ロシアでは定期的にFSBの成果がTVで流されるので、

常に犯罪者たちはおびえながら生活をせざるを得ず、それが治安維持につながっているのです。

ユーリ(Yuri)
ただ、なんだか水戸黄門のような典型的感がありません?それは、彼らもまた勧善懲悪もののストーリーをプロパガンダで放映しているにすぎないからです。

まとめ:ロシア連邦保安庁の戦い方

  • FSBは容疑者を床にたたきつけていく。
  • まずは見た目で脅し、容赦なく実力行使を行う。
  • ロシアのTVでその動画が公開され、見せしめのような意味合いを持たせている。

おまけ:FSBのニュース動画

 


MOMCOMの8周年特別企画~お客様還元キャンペーン〜


ロシア軍、高品質デジタルフローラ迷彩服(サバゲー戦闘服)上下セットを日本中に広めます。

【初心者さん・経験者さん】にもMOMCOMは業界の新常識を作ったと認めて頂くために、まずは原価割れのチャレンジ価格(7,000円→3,980円)です。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

【略歴】貿易会社、情報機関で長く働いていました。
【興味関心】テクノロジー/金融/軍事/宗教心理学/マーケティングです。
【運用言語】多言語対応(メインは日・英・露+αで数ヶ国語)
【ひとこと】現在は本業の他にMOMCOMのアドバイザリーを兼任しています。