【生活コスト比較】人民解放軍(中国軍)兵士ってじり貧なの?という疑問を検証

中国軍の懐事情

人民解放軍公式サイトより

人民解放軍(中国軍)は世界有数の軍隊となりましたが、

個人装備に目を向けるとまだまだ成長の余地がある、と別の記事で判明しました。

【謎の公式発表】中国軍(人民解放軍)兵士の個人装備コストはiPhone1台分だった。

2018.05.14

今回は、装備ではなく生活用品にいくらかかっているのか?という視点で、

人民解放軍を丸裸にしてやろうと思います。

ユーリ(Yuri)
最近の中国はどこもバブルで、上海に行くとホテルがバカほど高くなったことに辟易していたんです。中国ってお金持ちのイメージがありますが、軍隊はどうなんでしょう?

人民解放軍の生活用品コストも公式サイトで公開されていた。

前回同様、やはり公式サイトにて「中国軍の兵士の生活用品のコスト」が掲載されていたので、翻訳の上でシェアします!

これは軍にはお金はかかっていないよ、というアピール臭がちょっとしますが、いいとしましょう。面白いですし。

中国人民解放軍の生活用品

  1. 下着:320円
  2. 靴下: 180円
  3. トレーニングシューズ:1,230円
  4. ベッドの上かけ布: 5,000円
  5. マットレス:1,700円
  6. シーツ:1,000円
  7. 枕:800円
  8. 帽子:270円
  9. バッヂ: 350円
  10. 布パッチ:180円
  11. 腕用パッチ:450 円
  12. BDU(デザートカモ):3,200円
  13. コート(迷彩):9,000円
  14. 腰バンド:2,160円
  15. 歯磨き用コップ:220円
  16. タオル:220円
  17. 三角バインダー:230円
  18. 洗面器:330円

合計:26,840円

1元=18円で計算
ユーリ(Yuri)
ベッドの上かける布がなんでこんなすんの!?と思われるかもしれませんが、軍隊のベッドメイクって異常なほど何枚もシーツを使うんです。自衛隊にお勤めの方はご存知かと思いますが、人民解放軍ももれなくシーツだらけです。

人民解放軍は生活用品にいくら予算を割いているのか?

ざっと、一人に27,000円がかかるとしましょう。

人民解放軍は総兵力が230万、と世界で最大の軍隊です。

また、前回の記事で、銃を含めない装備は62,000円かかると判明しているので、

27,000円 + 62,000円 = 89,000円(1人当たりの装備品・生活用品合計)

89,000円 X    230万  = 204,700,167,000円(2千億円)

2年に一回新しく調達されるとして、年に1千億円ほどのコストがかかっている計算になります。

2018年の人民解放軍の軍事費は1,750億ドル(18兆4千億円)だそうです。

つまり、軍事費の1%を生活用品にさいているのです。

じゃあ、1%って多いの?って気になりますよね?日本人の年収の中央値は347万円、とざっくりおいてみましょう。

なんと、年に3万4千円しか使ってない計算になります!

ユーリ(Yuri)
コストメリットは確かに享受できそうですが、それにしてもちょっと安すぎますよね。だってヘルメットとかボディーアーマーも含めた価格ですよ!?

まとめ:人民解放軍、じり貧説

  • 公式発表によると、人民解放軍兵士の生活用品には26,840円かかっている。
  • これは人民解放軍の予算(18兆円)の1%にすぎない。
  • 年収350万円だとすると、年に3万4千円しか生活用品の更新につかえない計算になる。

【装備と生活】ウクライナ人が考える、軍に行くときの装備のベストアンサーは? PART1

2018.03.07

 


MOMCOMの8周年特別企画~お客様還元キャンペーン〜


ロシア軍、高品質デジタルフローラ迷彩服(サバゲー戦闘服)上下セットを日本中に広めます。

【初心者さん・経験者さん】にもMOMCOMは業界の新常識を作ったと認めて頂くために、まずは原価割れのチャレンジ価格(7,000円→3,980円)です。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

【略歴】貿易会社、情報機関で長く働いていました。
【興味関心】テクノロジー/金融/軍事/宗教心理学/マーケティングです。
【運用言語】多言語対応(メインは日・英・露+αで数ヶ国語)
【ひとこと】現在は本業の他にMOMCOMのアドバイザリーを兼任しています。