【LEGO社とNASA公認】宇宙開発の女性功労者キット

【その雑さがクセになる】旧ソ連の採用したレゴブロック

2018.04.06

カスタムフィグ

の市場はとても広く、最近ではミリタリー系統のカスタムフィグが流行っています。

MOMCOM より

レゴ社は長らく、個々にスポットライトを当てたキットやフィグは作りませんでしたが、

宇宙開発に多大な貢献をした人をレゴ社公認のキットとして発売しました。

NASAで働く女性

というタイトルで、こんなキットが発売されました。

4人のNASAで宇宙開発に貢献した女性である

  • サリー・ライドさん(女性宇宙飛行士)
  • マエ・ジェミソンさん(女性宇宙飛行士)
  • ナンシー・グレイス・ローマンさん(天文学者)
  • マーガレット・ハミルトンさん(コンピュータサイエンティスト)

が、それぞれの歴史的偉業を背景に、ヴィネット形式(小さいジオラマ)で再現されています。

ユーリ(Yuri)
これはレゴ・アイデアズ・コミュニティーという、メンバーがキットを自作し、投票形式で高い評価を得たキットが製品化される・・という夢のようなコミュニティから生まれたものです。

詳しく見てみましょう!

ユーリ(Yuri)
デスクにピッタリですね!

左からナンシー・グレイス・ローマンさん、マーガレット・ハミルトンさん、サリー・ライドさん、マエ・ジェミソンさん

まずはシャトルのヴィネットから

マエ・ジェミソンさん・・・物理学者でありエンジニア。このスーツは1992年のフライトスーツ

サリー・ライドさん・・・物理学者であり起業家、1983年のフライトスーツを着用

ユーリ(Yuri)
シャトルもしっかりと分離するので、大変よくできています。

ハッブル望遠鏡のセット

ナンシー・グレイス・ローマンさん・・・ハッブル望遠鏡の母と呼ばれ、数々のミッションに参加

ユーリ(Yuri)
パーツの使い方が絶妙で、コンパクトかつ魅せるキットとなっています。

最後のヴィネットには

マーガレット・ハミルトンさん・・・コンピューターサイエンティストであり起業家、アポロ計画のフライトソフトウェア開発に尽力

このマーガレットさんが、自身のフィグを見つめる写真があるので、ぜひご覧ください。

こういった、人物をフューチャリングしたキットが今後も出てくるのは間違いなく、

あなたの知ってる偉人も出てくるかもしれません。

今後のレゴ・アイデアズ・コミュニティーは要チェックです!

【宇宙の戦闘糧食】スターウォーズのレーションの中身を激白

2018.04.13

MOMCOMの8周年特別企画~お客様還元キャンペーン〜


ロシア軍、高品質デジタルフローラ迷彩服(サバゲー戦闘服)上下セットを日本中に広めます。

【初心者さん・経験者さん】にもMOMCOMは業界の新常識を作ったと認めて頂くために、まずは原価割れのチャレンジ価格(7,000円→3,980円)です。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

【略歴】貿易会社、情報機関で長く働いていました。
【興味関心】テクノロジー/金融/軍事/宗教心理学/マーケティングです。
【運用言語】多言語対応(メインは日・英・露+αで数ヶ国語)
【ひとこと】現在は本業の他にMOMCOMのアドバイザリーを兼任しています。