【犬や豚にも?】不思議なガスマスクとその歴史

【核戦争もOK】英国で即完売した核シェルターの宣伝文句がシブ過ぎる件

2018.03.21

ガスマスク

ですが、みなさん1つは装備にお持ちでしょう。

ミリタリーショップに行ってもチェコ軍やロシア軍の放出品を

見かけることが多いと思います。

細菌や化学物質の被害に対抗する手段は、1世紀以上にわたって存在してきました。

今日はガスマスクの発展の歴史を追いながら、面白いガスマスクをご紹介します。

最初のガスマスク

は中世ヨーロッパでペストが流行した際に発明されました。

このマスクには

  • ハーブ
  • 藁、
  • 良い香りのするスパイス
  • 酢を染み込ませた布

などがつめられており、良い香りがペストの菌を寄せ付けない、という考えに基づいたものでした。

菌という概念はまだなく、あくまで「悪い空気」程度の認識でした。

ユーリ(Yuri)
ちなみに当時のイタリアでは、この衣裳を着ることで医者だと認識されていました。その中身は近所の八百屋だったり、詐欺師のケースもあったようです。

ガスマスクは、人間にとって害のある空気から人体を守る、というコンセプトの元

様々な実験が繰り返されていきます。

聖イサク大聖堂

の天井部分のメッキ作業は、大量の水銀を吸い込む可能性がありました。

聖イサク大聖堂

ホースを通じて外から空気を供給するタイプのマスクでしたが、

皮膚を守る仕組みが無かったため、60人の技師が水銀中毒(水銀の蒸気による中毒)で無くなりました。

ユーリ(Yuri)
右下の袋とホースがついたマスクが当時の物に最も近いマスクだと言われています。

消防士のためのマスク

1988年 ソ連の消防士

1871年、アイルランドの物理学者、ジョン・トゥンドールは、

火災で生じる煙や有毒な蒸気から呼吸器を保護するマスクを作り、

1912年には有毒物質にも対応できるものが開発されました。

しかし、気休め程度の効果しか発揮しませんでした。

ユーリ(Yuri)
ガスマスクは、戦争に毒ガスが使われるようになってから進化していきました。

第一次世界大戦

1916年 ロシア兵

1915年にドイツ軍がロシア軍に対して塩素を使った攻撃を行い、

9,000人の兵士が被害にあったことから、ロシアは化学兵器の対策を急ぎました。

ゼリンスキー博士は、活性炭が有毒物質を最もよく吸収することを発見し、

密閉されたゴム製のマスクを顔に密着させ、フィルターを通して空気を流す

フィルターガスマスクが1915年に登場しました。

その 2年後、ガスマスクは有毒物質や煙フィルターから皮膚を保護する機能を持ち、

 1917年までに、ロシア軍は500万を超えるガスマスクを受け取りました。

機関銃の煙を防ぐためにガスマスクを被る兵士

ユーリ(Yuri)
ガスマスクが標準的な装備になったのもここからです。

動物用のマスク!?

第1次世界大戦では、騎兵隊が軍隊の主要な兵科の1つであったため、

馬のためにガスマスクが量産されました。

一方ソ連では、犬や豚のために特別なガスマスクを開発しました。

犬用ガスマスク(全身)

ユーリ(Yuri)
核戦争の場合、ガスマスクは酪農動物を放射線汚染から守り、生き延びさせるのに役立つと考えられていました。しかし、これらの製品は量産には至りませんでした。しかしまあ、よく犬も我慢しましたね。

ガスマスクは、戦争が激化するにつれどんどん発展を遂げていきました。

まとめ:ガスマスク

  • 最初のガスマスクは疫病対策だった
  • 戦争で毒ガスが使用されてから、ガスマスクの進化が始まった
  • 人間同様に、家畜用のガスマスクも考案されていた

おまけ:WW1のガスマスク動画

ユーリ(Yuri)
7:00ごろの、馬にガスマスクを装着させようとするシーンは必見です!

MOMCOMの8周年特別企画~お客様還元キャンペーン〜


ロシア軍、高品質デジタルフローラ迷彩服(サバゲー戦闘服)上下セットを日本中に広めます。

【初心者さん・経験者さん】にもMOMCOMは業界の新常識を作ったと認めて頂くために、まずは原価割れのチャレンジ価格(7,000円→3,980円)です。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

【略歴】貿易会社、情報機関で長く働いていました。
【興味関心】テクノロジー/金融/軍事/宗教心理学/マーケティングです。
【運用言語】多言語対応(メインは日・英・露+αで数ヶ国語)
【ひとこと】現在は本業の他にMOMCOMのアドバイザリーを兼任しています。