【イスラム教の深イイ話】アッラーがあなたに仮想通貨を勧めない3つの理由

仮想通貨投資は人を幸せにするのか?

突然ですが、質問です。

仮想通貨は人を幸せにするでしょうか?それとも不幸にするでしょうか?

昨今、巷では仮想通貨投資で生活が激変した人の話が絶えません。

突如、米国版の2chとも言われる巨大掲示板レディットの仮想通貨フォーラム約50万人のユーザー向けに貼られた、 全米自殺予防ライフラインへのリンク。

「仮想通貨、自分もそろそろやろうかなぁ…」と漠然と考えつつ、

「やるか、やらないか」決断する軸が定まっていないのではないでしょうか?

ユーリ(Yuri)

もしあなたが仮想通貨に手が出せないと悩んでいるなら、この記事を読み終わったあとには「自分は仮想通貨をやるか、やらないか」を判断するための新しいヒントが見つかるはずです。

仮想通貨=投資=損をしそうで怖いというイメージはある意味正しい?

熟練の投資家でさえ値動きが読めず頭を悩ませているのだから、大切なお金を使って投資を行う私たちが不安に思うのは当たり前です。

事実、昨今の仮想通貨市場は、実需を反映しているというよりも明らかにバブルで、「投機(speculation)」の対象となっています。

そんな中、投資(または投機=ギャンブル)に関連するとても興味深い話をご紹介します。

イスラム教の教えでは「仮想通貨」への投資が禁止されているのをご存知ですか?

2017年11月ごろから、イスラム世界では相次いで仮想通貨を禁止する声明が発表されました。

 (実例1)2017年11月:トルコ宗務庁「ビットコインはイスラムの教えに反する」

ビットコイン取引はイスラム教と矛盾するので、イスラム教徒がそれを行うのは不適切である」

とするガイドラインを発表。それまでトルコでは仮想通貨が大人気でしたが、この発表で国中に激震が走りました。

(実例2)2017年12月:サウジアラビアのイスラーム法学者「ビットコインはイスラム教では禁じられる

引用:http://www.assimalhakeem.net/gallery/

イスラム法学者は、イスラム世界の最高権威者です。

そのため、ムスリムはときに国家方針よりイスラム法学者の意見を尊重することもあります。そんなイスラム法学者のひとり、アーシム・ハキーム師が自身のメディアで「ビットコインはイスラム教では禁じられる」と述べました。

 

(実例3)2017年12月:エジプトのイスラム法学者「「ビットコインはイスラム教では禁じられる

今度はエジプトで同じくイスラム法学者のシャウキー・アッラーム師が「ビットコインはイスラム教では禁じられる」という宗教令を出しました。

なぜ名だたるムスリムの指導者たちは、次々と仮想通貨を禁止したのか?

その理由として、「仮想通貨投資があなたを不幸にする3つの要因」が挙げられています。

ユーリ(Yuri)
ここから「金銭よりも、人間としての幸せを最優先に行動する」イスラム式の幸福への価値観が学べます。

コーラン(イスラム教の聖典)流、『仮想通貨があなたを不幸にする3つの理由』

以下の、説明は実際にサウジアラビアやエジプトで出された声明です。

1. 仮想通貨は射幸性が高いから

イスラム教では、コーラン(聖典)にもとづき、賭博を禁止しています。

射幸とは、偶然によって得られる利益や成功をあてにすることです。

つまり、一発当てたい(もしかしたら当たるんじゃないか)というような、偶然に賭ける人間心理=射幸心です。

「棚から牡丹餅(棚ぼた)精神」とも言われますね。

パチンコ・パチスロやスマホゲーのガチャ課金などは射幸性の高いサービスにあたります。

「汝ら、信徒の者よ、酒、賭矢、偶像、矢、占いはどれも厭うべきものであり、サタンの業である。[第5章90 節]」

「酒と賭け矢についてみんながお前に質問してくることであろう。答えよ、これら二つは大変な罪悪ではあるが、また人間に利益になる点もある。だが罪の方が得になるところより大きい、と。[第2章219節]」

イスラム教では賭博のような「結果が不明瞭な取引」=「公平でなく、結果的に幸せを招くことはない」とされています。

だから射幸性の高いビットコインは射幸性が高く、「あなたのためによくないよ」というわけです。

この射幸心と賭博(ギャンブル)はかなり密接な関係にあります。

日本でも「賭博行為は射幸心をあおるので、働くことで金を稼ごうという健全な経済的風俗を害する」として、賭博は刑法第185条・186条で禁じられています。

第185条 賭博をした者は、50万円以下の罰金又は科料に処する。ただし、一時の娯楽に供する物を賭けたにとどまるときは、この限りでない。
第186条 常習として賭博をした者は、3年以下の懲役に処する。

ユーリ(Yuri)
宝くじや競馬、パチンコなどは「公営ギャンブル」と呼ばれ、国の収入源の一部にもなっているので、それぞれ特別に刑法185・186条の対象外にされています。
あなた
確かに、ギャンブルで幸せになってる人ってあんまり見たことないかも…。
ユーリ(Yuri)
ちなみに、イスラム教では同様の理由で「保険」も禁止されています。保険の本質はギャンブルであると考えるわけですね。

 

2. 仮想通貨は不等価交換だから

イスラム教はコーランにもとづき、不等価交換を禁止している。利子が禁じられるのも同様。
等価交換の場合でも、取引の当事者が同時に手渡しで交換しなければならないとされるため、価値が不安定なうえに手渡しもできない仮想通貨はこの禁令に違反する。

これは射幸性の話にもちょっと似ています。

イスラム金融では、「将来の価値が不明確なもの」は基本的にアウトです。

つまり、1ビットコインを1000円で買った人が100万円で別の人に売り払うのは不等価交換にあたります。

つまり、同じ1ビットコインなのに異なる価値で取引するのは平等じゃないよね、ってことです。

 

ユーリ(Yuri)

うまくズルして自分だけちょっとトクしたいという人間心理に対して、「だれかが幸せになって喜ぶ一方で、その代わりに誰かが不幸になって泣いてる社会って嫌じゃない?」って考えるのがイスラム流なのです。

ちなみにコーランで利子を禁じてる部分はこちら。

「利子を食う人々はサタンに取り憑かれてうち倒された者のような起きあがり方しかできない[ 第 2 章第 275節]」

「神は利子を無に帰したもう。しかし施しには利子を付けて返したもう[第 2 章第 276 節]」

ユーリ(Yuri)
利子をつけていいのは親切を返すときだけだぜ、ってちょっとかっこよくない?

 

3. 仮想通貨はあなた自身か他人に害を及ぼす可能性があるから

ビットコイン取引は失敗すれば個人を破産に追い込む可能性がある。イスラム教では「自分にも他人にも害を与えてはならない」という教え(ハディース)が守られており、ビットコイン取引が自分もしくは他人に害を及ぼす可能性が高いことが懸念される。

 

ハディースとは、預言者ムハンマドの言葉や行動を記した記録のこと。イスラム世界では、コーランに準じて重要視されます。日本でも「他人に迷惑かけちゃいけないよ」と教えられることは多いですが、

イスラムの面白いところは、「自分にも害を与えてはいけない」と戒律で決まっているということです。

仮想通貨は確かに失敗すれば大きなリスクが伴うもの。

 

ユーリ(Yuri)

最近ビットコイン信用取引に失敗して、自ら命を絶ってしまった人のニュースが出ていましたね。

自分の幸せを、自分でコントロールするために、仮想通貨が自分の「幸せ」に貢献するのかはよく考える必要があります。

でも実際は神への謀反者も続出中!(現代の流れには逆らえない)

ここまで、コーランの教えに基づいてイスラムが仮想通貨を禁止する理由を紹介してきました。

敬虔なムスリムであれば法学者の言葉はもちろん遵守すべきです。

なので、法学者の宗教令に背いてまで仮想通貨に手を出す人は少ないです。

では、世界中に約17億人いるムスリム全員が本当に仮想通貨をやらないのか?というと・・・

答えはNO。実際は神への謀反者が続出中です!!

実例1:トルコ「トルコ法に仮想通貨に関する記述が無い以上、トルコでの仮想通貨の売買は合法」

そんな現代人の流れに柔軟に対応するかのように、トルコ政府が動きました。

先ほど紹介したように、トルコは当初ビットコインや仮想通貨に対して否定的な立場をとっていました。

しかし2018年2月になってトルコ政府は「トルココインの立ち上げを公式に検討中」と発表したのです。

「私達の法に仮想通貨の売買を禁ずる物がない以上、仮想通貨の使用は合法であると考えられる。また、ビットコイン採掘により通貨を作り出すことは今日のトルコにおいて犯罪行為の対象には含まれない」

引用:https://jp.cointelegraph.com/news/turkey-iran-to-release-state-backed-cryptocurrencies-on-heels-of-venezuelas-petro

 

ユーリ(Yuri)

こんな感じで、現在トルコの首都イスタンブールではビットコイン専用のATMが設置されています。

 

実例2イラン:「ビットコインを歓迎するがビットコインと他の仮想通貨の規制は必要だ」

2018年2月21日、イランの情報通信技術省(ICT)がTwitterで「イラン郵便銀行が仮想通貨発行のための取り組みを行っている」とつぶやきました。

ユーリ(Yuri)
【訳】「デジタル通貨ベースのブロッキングチェーンに関するイラン郵便銀行取締役会との会合で、イランの優秀な人材を起用してイランの最初のデジタル通貨をテストするための必要な措置を講じた。 審査と承認のための試験的なモデルが、同国の銀行システムに提供される。」とツイートしています。

イランでは、西側諸国からの経済制裁を免れ、国の自由な経済活動をするのに仮想通貨が役に立つのです。

色々と、イスラム法学者の言葉を紹介してきましましたが、厳密には法的拘束力を持つ訳ではないので、ムスリムが仮想通貨をやっても罰則があるわけではありません。

実際、上記のようにトルコやイランは自国の経済状況に変革を起こす救済策として仮想通貨を導入しています。

 

ユーリ(Yuri)

国の経済が不安定では個人の幸せを追求する余裕がありませんからね。

 

まとめ

「一発当てたい」「楽にトクしたい」という人間心理は幸せに繋がらないよ

というイスラムの考え方を紹介してきました。

 

ユーリ(Yuri)

確かに「一発当てたい」と思ってもロクな結果にはならないのが世の常です。

とはいえ、それでも夢を追いたくなるのが人間の性。

「スリルのない人生なんて、つまんない!」と思う人は一定数存在しますからね。

投資は自己責任ですが、仮想通貨は自分のお財布にやさしい「余裕資金」で始める人がほとんどです。

欲しい洋服を1着だけ我慢したり、飲み会を1回だけ控えるだけでも充分な「余裕資金」は生まれます。

そして、何より投資で後悔するのは、「自分の取れるリスクの範囲を、認識していない」事に原因があります。

毎月変わり映えのない通帳の数字をちょっと変えるため、仮想通貨をやることで明日がちょっと楽しみになるなら、アッラーも見逃してくれるかも。しれませんね。


MOMCOMの8周年特別企画~お客様還元キャンペーン〜


ロシア軍、高品質デジタルフローラ迷彩服(サバゲー戦闘服)上下セットを日本中に広めます。

【初心者さん・経験者さん】にもMOMCOMは業界の新常識を作ったと認めて頂くために、まずは原価割れのチャレンジ価格(7,000円→3,980円)です。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

【略歴】貿易会社、情報機関で長く働いていました。
【興味関心】テクノロジー/金融/軍事/宗教心理学/マーケティングです。
【運用言語】多言語対応(メインは日・英・露+αで数ヶ国語)
【ひとこと】現在は本業の他にMOMCOMのアドバイザリーを兼任しています。