【LEGO】柄つきのドイツ軍の手榴弾-M24

ちなみに、手榴弾についてはイギリスにおいて研究が始まり(1917年)、1921年には手榴弾とは何か?についての「定義」が決まりました。

M24型柄付手榴弾は第二次世界大戦のころに使われていた古いもの。円筒形の爆発部分に木製の棒が付いていて、その見た目からポテトマッシャー(ジャガイモつぶし器)と呼ばれていたそうです。今時のポテトマッシャーは先端が穴のあいた板状になっていたり、クネクネと曲げられた金属線の物が主流ですが、昔は木でできた棍棒のような製品も多く、中にはこの手榴弾そっくりの物もありました。

M24柄付手榴弾の炸薬(爆発させるための火薬)はトリニトロトルエン、よくTNTと略されるあれで、170g入れられていました。キャップを開け、柄の中の紐を引っ張ると摩擦で遅延信管に着火され、およそ4.5秒で爆発するとのこと。

有効範囲はおよそ10mだったそうです。

引用元:映画でよく見るドイツ軍の手榴弾を買いました

 

なお、本家サイトmomcom.jpで扱っている「LEGO用銃火器」から類似商品をご覧になることができますので、よければこちらのリンクからどうぞ!

 

 

 


MOMCOMの8周年特別企画~お客様還元キャンペーン〜


ロシア軍、高品質デジタルフローラ迷彩服(サバゲー戦闘服)上下セットを日本中に広めます。

【初心者さん・経験者さん】にもMOMCOMは業界の新常識を作ったと認めて頂くために、まずは原価割れのチャレンジ価格(7,000円→3,980円)です。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

【略歴】貿易会社、情報機関で長く働いていました。
【興味関心】テクノロジー/金融/軍事/宗教心理学/マーケティングです。
【運用言語】多言語対応(メインは日・英・露+αで数ヶ国語)
【ひとこと】現在は本業の他にMOMCOMのアドバイザリーを兼任しています。